実家暮らしの僕がアイフルを選んだ理由

僕は社会人3年目の25歳ですが、まだ実家暮らしをしています。

 

社会人といっても手取りは15万円くらいなので、生活費や交際費、突発的な医療費や結婚式があった月なんかは完全に赤字になります(´・ω・`)

 

先日も結婚式があったときに迷いに迷ったのですが、消費者金融のアイフルでお金を借りました。
アイフル

 

色々な大手のキャッシングと比べて最終的にアイフルにした理由は郵送物や無利息期間、そして独立系最大手のキャッシングということで若者が多く利用しているということです。

 

特に郵送物の面では実家暮らしなので親に知られたくなかったんです( ;∀;)
僕の中では返済のあてもありますし、計画的に使っているつもりなのですが、何となく親には知られたくないですし、知ったら心配すると思うんです。

 

家や車ではローンを使うのに、キャッシングだけダメだというのはおかしいですよね。

 

ということで、郵送物を安全に受け取れるアイフルで無事ネットキャッシングして結婚式もお祝いすることができました。アイフルは他社と違って1,000円単位で借りれるのもいいところです。

 

残ったお金は無利息期間のうちに返済してしまったので、金利もほとんどかかりませんでした。

 

郵送物が気になる方はアイフルを利用してみると良いですよ。

 

アイフルならWEB申し込みからの「てまいらず」で郵送物がなくなります。
アイフルの1秒診断は公式サイトで。
http://www.aiful.co.jp/

 

アイフルではキャッシングカードの配達時間を指定できます

カードローンの申し込み方法として最近一番多く利用されているのが、インターネットを利用した申し込みです。

 

この方法で申し込みを行うと、キャッシングカードは後日郵便として送付されてきますが、家族と同居している場合、この郵便でカードローンを利用することが分かってしまう可能性があります。
また、受領印が必要な郵便で送られてくる為、誰かが受け取りを行わなくてはいけません。

 

1人暮らしの場合、この点がネックになることもあるでしょう。

 

アイフルなら時間帯を指定できます

ポイント

 

大手消費者金融のアイフルで行っている”配送時間えらべーる”というサービスでは、このキャッシングカードの配達時間を指定することができます。

 

午前中、12-14時、14-16時、16-18時、18-20時、19-21時の時間帯から選ぶことができるので、確実に自分が受け取ることができる時間帯を指定してください。
このサービスは申し込み後に行われる審査を通過して、契約を行う時に申し出ることで利用することができます。15時までに契約を行う場合は翌日以降の好きな日を指定することが可能で、それ以降になった場合は翌々日からの指定になります。

 

家族と同居している場合や、1人暮らしで日中は自宅に居ない場合などには大変便利なサービスだと言えるでしょう。

 

電話だけで契約が行える”てまいらず”

てまいらず

 

それでもキャッシングカードの受け取りに不安のある場合、自動契約機を利用して申し込みを行うという手があります。
この方法で申し込みを行うと、審査を通過できればその場でキャッシングカードが発行されるので、郵送物の受け取りの心配をする必要がありません。

 

アイフルでは”てまいらず”という、従来とは違うタイプの自動契約機も用意しています。
この自動契約機は電話ボックスのような形で、インターホンでオペレーターと会話を進めていきながら契約を行うシステムになっているので、機械の操作に不安がある人でも安心して申し込みが行えます。

 

もちろんこの”てまいらず”で契約を行った場合も、通常のタイプの自動契約機と同様に、その場でキャッシングカードを発行できます。

 

インターネットから申し込みをして審査通過してからてまいらずに行くことによって、待ち時間なしでカード発行することができます。消費者金融の自動契約機で待つのは苦痛ですので忘れずにネット申し込みをしてから行くようにしてください。

 

利用明細の郵送をストップしましょう

返済

 

家族と同居している場合、キャッシングカードを無事に受け取っても、その後の利用明細書の郵送が問題になることがあるかも知れません。

 

その場合は利用明細をWEB明細に切り換えることで、郵便での発送が止めることができます。これはアイフルと契約を行った後に「会員サイト」からそのように設定することが可能です。

 

ですが、利用明細をWEB明細にしてしまうと、銀行口座への振り込みでのキャッシングは利用できなくなります。この点に注意してください。

 

返済はきちんと行いましょう

きちんと

 

無事にキャッシングカードを受け取り、WEB明細に切り換えた場合でも、返済が滞るようなことがあると、催促状や督促状が郵送されてくる可能性があります。

 

家族と同居している場合、このような郵便からもカードローンの利用が発覚してしまう可能性があります。そういったことにならないように、返済日はきちんと守って利用しましょう。

 

アイフルの1秒診断は公式サイトで。
http://www.aiful.co.jp/

 

体験談など

家族と友人たちにお金を貸して自分が危険だったこと

困った

何度もお金を貸して欲しいと頼まれて自分はそれに従いました。相手は家族や友人だったので直にお金が返って来るような感覚を持っていました。しかしいつまでも返金がないので私は焦って生活を削ることになりました。

 

家族にはもちろん話をしていたのですがお金を返してくれる様子がなかったのです。それで困って逆に自分が追い詰められるような結果になりました。こういった時にどうやって対処したら良いか分からなくて一人で悩み続けました。

 

結局はキャッシングや金融会社に助けられて返金してくれるのを待っていました。その間も苦しい生活が続いてとにかく自分の行動を後悔しました。相手にお金を貸していると本当に返ってこないことも想像すべきです。

 

便利だったのがキャッシングのアイフルの存在で過去に何度も救われた気持ちになりました。お金を貸して自分が金融サービスを使うのは可笑しな話で戸惑いました。しかしまだ返金してもらっていない現実が非常に重く感じました。

 

何カ月も追い詰められる生活を送ってようやくお金が戻ってきました。その時は誤ってもらいましたが苦しんだ分は再生できないものです。勉強になったのは人にお金を出す時は未来をイメージしておくことです。相手のせいで自分が追い詰められることは本当に避けたい経験です。

 

学生の頃の貧乏話

バイト

私が学生の頃は、本当に貧乏でした。
アルバイトをして生活をしていたのですが、体が生まれつき弱くすぐに風邪をひいてしまう…そんな体質の私はアルバイトをしても続かず、いつも家に引きこもっている…そんな学生時代を送っていました。
学費は親が支払ってくれていたので何とかなりましたが、いつも暮らしは貧乏でした。
そしてそれは大学を卒業してからもしばらく続きました。私は大学を卒業してから就職もせず、ただブラブラしていました。
たまに日雇いのアルバイトをする位で後は何もしない…そんな生活でした。
もちろん生活は極貧。ただ何となく社会に出るのが嫌だったのです。

 

本当にお金が必要な時は消費者金融のアイフルからキャッシングをしてその場しのぎをしました。アイフルは郵送物もありませんので都合がよかったのです。
お金がない…と言う事は社会的信用もなくなります。しかしそんなフーテンの私にもお金を貸してくれる消費者金融は神様のように感じました。
しかし、返すアテもないので本当に困った時しかお金を借りる事はありませんでした。

 

借りては返す、借りては返す…の繰り返し。

 

切羽詰まった時だけ借り入れを行うようにしました。
そんな生活が3年ほど続き、私は親の圧力に負け、仕方なく一般企業に就職しました。
お金はなかったけど、あの頃の生活は未だに憧れています。

 

 

アイフルの1秒診断は公式サイトで。
http://www.aiful.co.jp/